2020年10月16日金曜日

【0007】<雑談のこと-001>「40-80年周期論」

誰でも、日頃からいろいろなものを見聞きしている。
 それを「面白いな」と思ったときに、頭の中で付箋が貼られて
 記憶になる


-秋元康 (作詞家、プロデューサー)

——————————————————————

予め言いますが・・・。

受け売りです。この話は。
とは言っても、怪しげなセミナーやネット・YouTube等で
不安を煽るような広告をしている所から持ってきた話ではないです。
そんなに金になるような話でもないし。

ずっと昔、80年代に東大生から聞きました。いや、それは記憶違いかも
しれません。
元々の出所も知りません。そんな詳しくも聞いてないので穴だらけの説です。

日本は、40年ごとに興隆と衰退を繰り返すという説があるそうで。
興隆なんて言葉、初めて聞きましたが。

下図は、その説を図式化したものです。

図中の文字は自分で入れました。
70年代のオイルショックが入っておりませんね。えぇ恣意的です。
興隆状況にそぐわないからです。

バブル経済はピークにならないのか?
実際は95年から経済は下降に入ったはず?
・・・89年のバブルは、経済政策の混迷から生まれましたので衰退状況の
入口となり、95年は当然その後になります。

そもそも、具体的に何が興隆と衰退を繰り返すのか。
わかりません。何でしょう?
なにせ、昔小耳に挟んだ程度の話なので。

でも、ずうっと気になっていたので
ブログにあげてみました。










結論から言えば、
2025年に一旦「何か」が終わります。
崩壊、消滅、解体・・・いずれかの状態になります。
2025年前後に「薩長同盟から大政奉還」「太平洋戦争での敗戦」クラスの
大事件が起こり、それによって終わりを迎えるようです。
その直後、「そして何か」が始まります。

終わる「何か」、始まる「そして何か」は具体的にわかりません。
1865~1945年は「富国強兵」の興亡だったとしたら
1945~2025年は「富国強産」の興亡ということになるでしょう。
(
「産」とは産業、工業、経済を意味します)
その場合、2025年に終わるのは「経済大国日本という自認」でしょうか。

2025年に起こる大事件とは何でしょう?
第二次朝鮮戦争、
朝鮮動乱、米中戦争、日中紛争。
基幹産業である自動車メーカーの相次ぐ倒産。
富士山噴火、関東震災、南海トラフ地震。
いっぱい候補があります。

上図の背景、オレンジと水色は人口増加と減少を示しています。
人口は江戸時代から1970年代まで、出生率が高く増加傾向にありました。
それが戦争を招き、犯罪を招き、経済成長を招き入れた要因でもあります。
しかし、70年代のオイルショックを契機に少子化が始まり、2000年代に
入って社会的大問題となりました。2050年に人口が8000万人を切るのは
確定だそうです。
それは、この「40年ごとに興隆と衰退」に関係しているのでしょうか?

2025年を境に、2065年まで興隆時代に入るそうです。
人口減少ではありますが、団塊世代、バブル世代、団塊ジュニア世代が
次々絶えていくため社会負担が軽減されていくのかもしれません。

あるいは、現在の日本人ではなく
新しい住人たちによる国ができるのかもしれない・・・。
でも、悲観的な未来予想はたいがい外れる。
バブルがはじける直前に、竹村健一が「好景気はまだまだ続く」と
当時の講演会で話していた楽観的な未来予想が思いっきり外れたように。

流言(デマ)の類の話でしょうね。

でも、なんか面白い話です。
3~40年間もずーっと持っていたということは、自分はこの話のこと
好きなんですね。

以上。ぼんやりとした
謎の「40-80年周期論」雑談でした。

——————————————————————

流言は智者で止まる。

荀子中国戦国時代末の思想家・儒学者


2020年7月16日木曜日

【0006】「水槽のこと-006」

〔右のプラ舟水槽220Lについて-02〕

本筋とは関係ないのですが
自分がセッティングした水槽の様相を箱庭療法として見てみると・・・
興味深いです。

センターの盆栽鉢』----------------------------------------------


水槽の真中にある盆栽鉢。
下に穴あきレンガ(下の写真)を2つ並べてその上に載っています。
上のイラストの黒点線部分で横から見たイラスト(断面図)を描いてみました。
盆栽鉢の下は、タナゴたちの隠れスペースになります。
タナゴって水底域を活動域にして、非常に警戒心が強いためこうした隠れるスペースが必要なようです。
反対に、メダカは水面直下を活動域にしており浅瀬を好むそうです。
盆栽鉢の上はそのスペースとしても最適かと思います。
もちろん、盆栽鉢の中はぎっしり軽石小粒が入っています。

植木鉢と水草』-------------------------------------------------------------------
植木鉢は4つ水没してあります。
うち二つは軽石小粒が入っており、それぞれウォーターコイン、ウォータークローバーが植えられていますが
あとの2つは、現段階では赤玉土(とろ過材や軽石中粒の混合)だけで水草は植えられていない状態。
行く行くは何か植えようとはおもっています。
使っている植木鉢は、下写真タイプのプラ製。ホームセンターに一番安く売っていたもの。


でも、選んだ理由は色です。
普通、植木鉢だと下写真の一般的な素焼きタイプを選びますが
この色、赤メダカに同色でぶつかっちゃって視覚的に邪魔なんです。
赤すぎて目に強くないでしょうか?この色。
水槽の中では主張しすぎだと思うのですが。

穴あきレンガもこの「テラコッタ色」なのですが

穴があいているという理由だけで使っています。
アイボリーかこげ茶の穴あきレンガが手に入れば変更予定。

床砂に直接水草を植えないで植木鉢にしている理由は、レイアウト変更が容易にできるようにするため。なんだかんだで水槽内の模様替えやレイアウト変更って何度もしちゃうのですね。


ただ、水槽の右手前に長細い葉の水草が床砂に直接植えられています。


これはできたらこの水草が水槽内いっぱいに繁殖してほしいとおもっているからでして。

この水草(名前は知りませんが)けっこう丈夫で繁殖力が強く、冬の寒さにも耐え、
そのうえタナゴたちが隠れやすい形状なので。
(ちなみに箱庭療法でのこの領域は、母性・家庭・感情の象徴だそうで。「繁殖」「隠れやすさ」というキーワードから何かが見えてきます)

基本的に水草は、「越冬可能」な種類にしております。
浮草、特にホテイアオイは越冬できませんが、写真に写っているアマゾンフロッグピットという浮草はおととしから越冬しています。ここのところの暖冬のせいだと思われますが。

水草の効能はメダカやタナゴの「隠れ家」になるという以外無いように思えます。
「酸素供給」「排泄物の吸収」といった効能は期待できるほどではないように思えます。

次は「ろ過装置」について記そうかと思いますが、それはまた次回に。

2020年7月15日水曜日

【0005】「水槽のこと-005」

〔右のプラ舟水槽220Lについて-01〕



と、その前に

ビオトープとかアクアリウムとか呼ばずに、「水槽」と呼称している訳ですが・・・

『水槽と呼んでる訳』-------------------------------------------------------------------

端的に記すと
「ガーデニングの一種、またはその派生」というイメージがある「ビオトープ」という名称になじめない。
また、
「理詰め、管理的、無機質、画一的」な世界観の「アクアリウム」という名称にもなじめない。

ましてや、プラ容器を大量に並べてシステマティックに生体を繁殖させたり、
品種改良を目的としたブリーダーでもない・・・。
そこで形式的に「水槽」と呼称しています。
要は、中途半端な趣味の逃げ口上の類かと。

現在、タナゴが20匹。赤メダカが22匹います。
水圧でプラ舟の四辺が外側に膨らんでますね・・・
水草や水面屈折のためよく見えないので、イラスト略図化しました。

床砂は、軽石小粒。

センターの盆栽鉢は、高さ(厚み)8~10cmぐらい。下に穴あきレンガを2つ並べてその上に載せています。

植木鉢は4つ水中に沈めておりまして、2つに軽石小粒、2つは赤玉土とろ過材や軽石の混ざったものが入っております。

ろ過装置に水を送るポンプは、以前に室内のガラス水槽で使っていた「外掛けフィルター」のポンプで、使用しなくなって物置に眠っていたものを再利用。

ホース固定器は、通販で購入。
ホースキープ君という商品名だそうです。

『軽石小粒について』-------------------------------------------------------------------

(写真は楽天サイトより流用)
プラ舟水槽では、専らこの軽石小粒を使っています。(上写真の右端)
・水槽内が明るくなる。
・値段が安い。
・赤メダカやタナゴがよく見える。
・洗えば何度も使える。
・バクテリアが棲息しやすそう。(確証なし)
以上が使用理由。

プラ舟水槽立ち上げの時にネットで調べたら、ほとんどの人たちが当然のように赤玉土を使っていました。
(写真は楽天サイトより流用)

だから何の疑いもなく大量に床砂として入れたのですが
でも、1年使ってみて色々困ったことが出てきたのです。
・水槽内が暗く、タナゴが見えない。
・赤メダカが同化して見づらい。
・ふん掃除の際に赤玉土が崩れて、一緒に廃棄されていく。
・時間経過と共に崩れて泥化し、ふんと混ざる。
しだいに「なんでこんな土を使わなければならないの?」と嫌気がさし、
軽石(中粒)に変えていきました。
そしたら、1年に1回のクリーニング作業が楽!
崩れないから洗えばまた使えるし。
何で、赤玉土って当たり前のように主流なのかわかりません。
地面に直に敷く池の床砂に使うのなら理解できますが、水槽内では利用価値はあるのでしょうか・・・

赤玉土から変えた軽石(中粒)ですが、困ったことにすぐにコケ(カビ?)が付き、黒ずんでしまいました。
そこで、小粒に変えたら黒ずみ(または黄がかったり、緑こけがついたりもする)は表層だけで水と接していない下層は色が変わらないことがわかりました。
中粒は、粒間にすきまが空くので一粒ごとに水と接して下層まで全ての粒が色が変わるようです。
ただし、小粒も少し緑黄変します。しかし中粒ほどではないです。

「軽石は酸性のため、水が酸性に傾く」
というネット情報もありましたが、赤玉土も立派な酸性なので
そこは深く考えておりません。

2020年7月14日火曜日

【0004】「水槽のこと-004」

2020年6月現在の屋外(庭)のプラ舟水槽について、少し解説など。


『生体について』

「生体」って呼び方もなんですが・・・
「この子たち」っていうキャラでもないし、「魚たち」もおおげさだし
「メダカたち」はメダカだけじゃないけど、しっくりくるかも。
あんまり統一しないで書き連ねます・・・。

現在、水槽は計4個あり。

それぞれに入っている生体は下の写真通りです。
白メダカ15匹中10匹は、新たに6月近所のアクアショップで購入。
それ以外は、2018年から生き続けているもの。または翌2019年つまり去年に生まれたものたち。


『プラ舟水槽220Lについて』
<プラ舟水槽220L>は、2槽とも2017年5月に購入したもので
ヨドバシカメラの通販でした。一つ15800円。2つで31600円(税込)ですね。
サイズは90cmx90cmx34cm。
プラ舟の中では最大サイズだと思います。たぶん。
商品名<リス興業 リスG220 [プラ舟 G220]>

地面に穴を掘って池を作らないで、水を大量にしかも屋外に常時溜め込める容器には、それほど選択肢はありません。

FRP
陶磁器
園芸用のプランター
発泡スチロール製のビオトープ用容器
木箱に防水シートを張る
そして、プラ舟
そんなところです。

FRP製の水槽は高価。

FRPは、自作も考えましたが制作費用や手間、出来上がった後の耐久信頼性(つまり、自分の技術力の乏しさ)を考慮すると「ないな」という結論に。
相当匂いもきついですからねFRPの硬化って。

陶器は気温差や衝撃等で割れる可能性あり。容量が大きくなると結構高価。

園芸用のプランターは水を常時溜めておくには耐久性に乏しく、容量が小さい。

発泡スチロール製の(Charmなどで取り扱っている)ビオトープ用容器は、半球形で使い勝手が悪そうだし素材にも不安があって。誤って蹴とばしたら簡単に穴があきそうな・・・

木箱に防水シートは、平面のシートを立体に貼り込むわけですから当然しわができます。それが「毛細管現象」で水漏れにならないかという不安で「無し」に。
木箱も完全に防水しても、木製って水に弱いし。
見た目もなんか「応急」っぽい印象がするから。

それで結局プラ舟を選びました。

これらはあくまでも「個人の感想」です。

プラ舟とは建築現場などでセメントをこねる専用の道具ですね。

日本でメダカ等の屋外飼育容器には、最もポピュラーです。
紫外線や気温差に強く、水を溜めて屋外に放置していても割れることはまずない。
ただし、風流に欠け、安っぽく、なんともかっこ悪い。
ちなみに、
タライ用途に400Lも入る容器が市販されてますが、



商品名<ブルコンテナジャンボ角400>


多くの人は「なんて鮮やかなブルー・・・」って思うでしょう。
私もそうでした。容量には惹かれましたが選考対象から早々に外しました。
でも、プラ舟のグリーンやプラスティック感もたいがいかっこ悪いですね。そのため木枠で囲ったり、地面に埋めてレンガ等で囲ったりしている人もいます。
私も最初はそれらを検討しましたが、結局そのままです。
理由は、木枠程度ではグリーンの色やプラ感を完全には覆い隠せないからです。
それと、「ビオトープ」とか「風流さ」とかにそれほど関心がないこともあります。
でも、正確には「この先どうしていこうか」と模索の途中にあることが主因ですが。

Charmで扱っている上写真の睡蓮鉢(75x75x39cm)も検討したのですが、容量が130Lとプラ舟 G220に比べて少なく値段も高い(22000円)ためやめました。ちゃんとビオトープを趣味としてやるならこの容器だとは思いますが。

『プラ舟水槽220Lにした理由』
プラ舟製品の中では、「最大サイズだから」が選んだ理由です。
その容量220L(水槽に砂やレンガを入れるので、220Lも水は入りませんが)も水量があると、生体を大量に入れずに飼えばそれほど水が汚れないし、メンテや手間暇かけて飼育しなくても生体は生き続けてくれます。
ずぼらで怠惰な私には、大容量の水は好都合なのです。

2020年6月29日月曜日

【0003】「水槽のこと-003」

4年間も中断しておりましたブログ。
「あの屋外水槽はどうなった?」
と聞かれる時もあり、とりあえず現在の水槽がどうなっているのかだけでもブログにあげようかと思います。
まず、
現在の屋外(庭)のプラ舟水槽は下の写真。

4年前の屋外のプラ舟水槽は、下の写真。
水槽の変化よりも、庭が余計に汚くなったことの方が目立ちます・・・。
「庭はその人の人柄を表わす」という格言が重くのしかかります・・・。

それと、玄関脇に水槽が増えました。
その水槽「ドラム缶水槽」が下の写真。
2018年の7月に立ち上げたのですが、錆まみれのジャングルになっております。

屋内のガラス水槽は、ほとんど変わっておりません。

それぞれの水槽の
これまでの過程、現状、今後については、おいおい投稿していこうかと思います。


2016年10月17日月曜日

【0002】「水槽のこと-002」

写真ではわかりづらいかもしれないので
室内水槽をイラスト化してみました。



写真をイラスト化。各部詳細。





























流木は、
神奈川県の宮ケ瀬ダム脇の「水とエネルギー館」駐車場や
城山ダムそばのダム管理事務所等で無料配布している
ものを貰ってきたものです。

水槽台と外部フィルターボックスは、DIY。

水槽の上に水槽を載せられる
「かさねらレール」は、非常に便利な器具です。

ちなみに各設備の品名を記載した略図も掲載。
写真は、各メーカーさんのHPからの転載。
各設備の品名など

2016年10月16日日曜日

【0001】「水槽のこと-001」

現在、
屋内(室内)にガラス水槽(90cm水槽、20cm水槽が2つで)計3つ。
屋外にプラ舟(120L)が1つ。


屋内(室内)のガラス水槽
90cm水槽(90x30x35cm)には、
タナゴの家族(9匹)、
どじょう2匹とミナミヌマエビ数十匹。
左の20cm(20x30x14cm)水槽には、
ツメガエル1匹。
右の20cm水槽は、
ミナミヌマエビの産卵水槽。
屋内(室内)のガラス水槽






















屋外のプラ舟水槽(90x60x24cm 約120L)には
アカヒレ20~30匹
白メダカ7匹赤メダカ(楊貴妃)1匹ミナミヌマエビ数十匹。
上に載っているプランター(約15L)にはアカヒレの稚魚が10匹ぐらい。
屋外のプラ舟水槽